ページの先頭です

シルクスクリーン印刷について
ホーム > 制作のご案内 > 印刷方法 > シルクスクリーン印刷について

シルクスクリーン印刷とは

シルク印刷

シルクスクリーン印刷とは、シルクの編み目状の版(スクリーン)に、上からスキージと呼ばれるゴムで圧力をかけてこすりつけることにより印刷する方法です。

シルクのスクリーンを使って印刷することから、シルクスクリーン印刷と呼ばれます。

シルク印刷の特徴は、印刷物に対しインクを乗せるという手法を取るため、紙、布、その他多くの物に印刷できるという特徴を持っています。

また、インクを乗せるという事から多色印刷を行うことができ、あらゆる種類のインクが用意されているので、微妙な色も表現が可能です。

ある色の上に違う色で重ね刷りしたり、コーポレートカラーのように、そのものズバリの色に近づけたい場合に、シルク印刷はとても適しています。また、バインダーやファイルの表紙に印刷する際は、上下左右2センチを除く全面に印刷することが可能ですので、カラフルでデザイン性の高いオリジナルクリアファイルを制作していただけます。

印刷色について

DIC PANTONEの番号での指定

シルクスクリーン印刷では、DIC、PANTONEの特色を利用して、ほとんどの色で印刷が可能です。ご注文の際は、DIC、PANTONEの番号をご指定ください。

色見本の実物での指定

DIC、PANTONEの番号が分からない場合は、ご注文時に、色の見本になるものの実物を、郵送等で支給していただきます。印刷物など、何でも結構ですので、色見本の実物をお送りください。
(画像ファイル、データでは、パソコンによって色の見え方が違いますので、印刷色に微妙な違いが出てきてしまいます。)

DIC、PENTONEについて

PANTONE色見本

シルク印刷では、DIC(ディック)やPANTONE(パントーン)による色指定が可能です。

「DIC」「PANTONE」とは、それぞれ大日本インキ化学工業株式会社、アメリカのPANTONE社の色見本のことで、これらのナンバーで、色の指定をしていただけます(右写真はPANTONEの色見本帳)

一口に青と言っても、薄い青から濃紺まで、様々な青があります。
例えば、電話で「青空のような薄いブルーで印刷して下さい」と指定したとしても、人によって感じ方は違いますので、出来上がった時、イメージしたものと違うといったことも起こります。

DIC色見本

こういった時に、「DICカラーの900で」などと指定することで、お互いに全く同じ「青」を認識することができるようになるのです。
企業のイメージカラーや、ズバリお好みの色で印刷したい時には、シルク印刷はとても適しています。

※当社のDIC見本は第18版です

色の重ね刷りについて

クリアファイルのシルク印刷例1

シルクスクリーン印刷なら、色同士が重なったり、隣の色とくっついたデザインでもきれいに印刷可能ですので、カラフルでデザイン性の高いオリジナルバインダー・ファイルを制作していただけます。

※ただし、色が重なる部分については、上の色が薄い場合、下の色の影響を受ける場合がありますのでご注意ください。
(例えば、黒の下地に薄い黄色を重ね刷りする場合、下地の黒の影響を受けて、黄色が黒みがかってしまいます。)

ネットからのお問合せ・ご請求、ご注文(24時間受付中!)

ネットからもお問い合わせ・ご注文が可能です。オリジナルバインダーの制作、名入れ印刷をご検討のお客様は、お気軽にお問い合わせください。

お客様ホットライン

メールでお問い合わせ

オリジナルバインダーの制作についてご不明な点がございましたらどんなことでも、お気軽にお電話ください。
親切丁寧にご案内いたします。

>>スタッフ紹介

福岡支店がオープンしました。

ご訪問サービス始めました。

カシワってどんな会社なの?